ASTERIA MDM One MI Online Help

 ユーザー 

本製品では、マスターデータ管理を始める前にまずユーザーを作成しなければなりません。
ここではユーザーについての概念やアクセス権限について説明します。

 ユーザーとは 

マスターポータルで、サーバーやマスターの管理を行ったり、ダッシュボードからマスターデータの登録を行ったりするには、本製品上でユーザーを登録しなければなりません。登録されたユーザーでマスターポータルにログイン後、その権限でさまざまな操作を行うことが可能になります。

 ユーザーの認証 

ユーザーの認証先としてLDAPサーバーを指定することができます。LDAPサーバーを指定した場合、本製品上でユーザーのパスワードは保持しません。
指定できるLDAPサーバーはActive Direcotryの他、LDAPv3準拠のサーバーを指定することができます。

 ユーザーの権限 

ユーザーは作成時に権限をつけることができます。ユーザーの権限には次の2種類があります。

管理者
本製品のシステム管理者となります。ユーザー管理やサーバーの設定、マスターの作成などを行うことができます。
一般ユーザー
通常のユーザーです。マスターのアクセス権限を与えられない限り何もできません。

 マスターへのアクセス権限 

作成されたユーザーは、アクセスしたいマスターでアクセス権限を与えられて初めてマスターを管理したりマスターデータを登録したりすることはできるようになります。
マスターのアクセス権限はユーザーの権限とは異なります。ユーザーの権限が管理者であっても、権限を与えられていないマスターへのアクセス権限はありません。

マスターへのアクセス権限は次の3種類があります。

マスター管理者
マスターを管理する権限です。マスターに関するすべての権限を持ちます。
フォーム設計者
フォームの設計を行うことができる権限です。フォームの管理とダッシュボードからのマスターデータの管理が可能です。
一般ユーザー
ダッシュボードからのマスターデータの管理のみが可能です。

 ユーザーの権限と可能な操作 

マスター作成マスター管理ユーザー管理承認フロー管理履歴参照サーバー設定
管理者
一般ユーザー×××××

△:マスターのアクセス権限によります

 スーパーユーザー asu 

この他に本製品ではスーパーユーザーとして「asu」というユーザーが存在します。
「asu」は管理者権限のユーザーで、WindowsのAdministratorやUNIXのrootのように最高の権限を持ちます。
通常運用ではこのユーザーでマスターポータルにログインしないでください。